教員免許を習得しました!夢を叶えるために僕がしたこと

日本一周に先立ち一つ夢を叶えました。
僕は大学入学から「教員免許習得」を夢の一つとして
勉強してきましたが先日交付されたので
教員免許の夢を叶えた方法を残しておきます(^o^)

僕は怪しいネットビジネスでも商材屋でもありません笑

生まれて初めて持った夢

僕は大阪の少し裕福な家庭に生まれました。
高校卒業までは悪さばっかしていたクソガキでしたが
良くしてもらっていました。

当時は夢なんてものは知らず
「ギターで食っていくぜ」と一つ覚えのように言うだけ。
夢を叶える努力は今考えるとしていなかった。
結局僕は箸で食うようになりました(^o^)

いくつもの夢を努力もせずに
「運が悪かった」と捨て続け18年が経ちました。

で、何となく友人の勧めで大学進学。
その時も何となく「夢」を持ちました。
それが教員免許でした。

ただ、考え方を変えて真剣に取り組むと
意外とトントン拍子に物事が進むということに気づいたのです。

なもんで僕は決意しました。
「絶対に教員免許を取ってやる」と。

自分を信じることで夢は叶えられる

50人以上居た教職受講者は最終的に20人。
その中で教員免許が降りたのは10人いるか居ないかです。

狭き門を突破するというよりは
「仲いい友達が挫折していく中で自分は何故生き残っているのか」
という事ばかり考えていました。

今までどちらかというと落ちぶれていた自分が
賢いはずの周りより何歩か前に進めているということ。
申し訳無さというか、現実を受け入れられなかった。

それでもそんな自分を信じて勉強したことで
入学当初、be動詞が何かという事さえ知らなかったアホが
今回の教員免許取得という夢を叶えたのだと思います。

もっと僕は自信を持って良かったんだと気づきました。
自分を信じて「これだけのものを持っています!」と
胸を張って言えるんだとわかりました(^o^)

確かに周りより一歩先のステージに行けば
それだけ言うこと為すことの責任は重く感じますが
だからこそ主張を持って言えるんだと思います。

あなたも夢を持っているハズ。
誰が何を言おうとその夢に自信を持って下さい。
そうすれば第一歩を踏み出すことが出来るし
目標を立てる事もできます。

誰かに話すことで応援してもらえる

夢は誰かに話すと応援してもらえる。
僕はずっとこの事実に気づかないまま
「俺、教員免許とるわ」と言い続けていました笑

でもよく考えたら、確かにいつも皆からは
応援してもらっていた気がします。

中には悪態を垂れるとんでもないヤツも居ますが
それはそれでほっとけばいい。

自分は自分で頑張ればいいんですよ。
侮言を吐く奴は一生吐いています。
あなたが立ち向かう相手ではありません。

とにかく自分の夢を大切にしてくれる人を大切に。
僕はそうして教育を修めましたし
日本一周の協賛を得ています。

達成した自分を褒める

自尊心、ありますか?
「自分なんて」とへりくだっていませんか?

他人から自分の行いを称賛されたのなら
素直にお礼を言って「こんなことを工夫した」と
自分をアピールしよう。

そして他人から認められる自分を褒めよう。
それだけで自信になります。

自信があれば行動にも起こしやすくなる。
ずっと半年間、水面下で準備していた日本一周も
信念が固まったタイミングで発表しています。

このプロジェクトは自信を持って取り組める
周りを巻き込んで取り組む価値がある。

そうして目標金額を達成したときには
また自分を褒めたいと思います。

とりあえず、教員免許おめでとう自分。

夢は長期戦

ここまで易易と「夢の叶え方」について書き連ねていますが
実際の道のりはとても長い。

僕は二年間、大学で教育を学んだり実習に行ったりしました。
その結果、僕は中学の教員免許を取得できましたが
もうあと二年間頑張れば次は「高校」の教員免許が取得できます。

当然、僕は次の夢として「高校の教員免許」を取得するために
スタートを切っています。
そして日本一周の夢を達成するために色んな事をしています。

夢とは「目標」という通過点を経ながら目指す旅である。

夢を達成するために目標を設定して一歩一歩、近づいていく。
そういうものだと思っています。

だからこそ自分を信じて・時々自分を褒めて・周りに支えられながら
という三要素が必要になってくるのです。

もちろん経験を経て「それは違う」と
思うことが出てくるかもしれません。

その時は周りの助言を参考にして
最終的には自分が決めたら良いんです。

日本には夢が足りない

僕は海外に行ったことがないので
日本人だけが夢を持たないのかは分かりません。

もしかしたら日本人が一番夢を抱く民族なのかもしれません。
でも僕はまだ「夢の社会的地位が低い」と思っています。

本当に誰だって夢を叶えることが可能なんです。
だって夢って叶えるためにあるもんだし。


I'm a Dreamer / 斉藤和義 (cover)

それを証明するために今はクラウドファンディングを通して
日本一周という夢を叶えようとしています。

自分を信じて続けていたら応援してくれる人がいる。
褒めてくれる人もいる、文句言う人もいる。
助けてくれる人も当然居ます。

www.caracal250.com

だからこそ、僕は将来を担う子どもの為に勉強して
教員になって夢を教えるんだと信じています。

もしあなたがもっと夢の叶え方を知りたいのであれば
僕のTwitterに連絡をください(^o^)

変な商材を売りつけるとかはないので安心して下さい笑

© 2018 caracal250.com