あなたは愛車が納車された時の事を覚えていますか?

バイクの納車。
僕的には一番楽しい時期です(^o^)
巷では「納車した」と「納車された」の違いについて
ネチネチ言ってる奴がいるらしいですが

そんなのどうでもいい!!
納車は納車だ、楽しいイベントに違いない。

ところであなたは「納車時の歓び」を覚えていますか?
僕はセロー250の納車から半年を超えたところです。

覚えているうちにセロー250が納車された時の事を
書き残しておこうかな(^o^)

納車時の歓び

納車日前日の気持ちの高ぶりは
今でも忘れられません笑

「明日からセロー250に乗れるんだ」
「早く納車に行きたい」

夜はバッチリ眠れましたけどね!
そして迎えた納車当日。

とりあえずピッカピカ

当たり前です、新車ですから。
今どき中古車でもお店の人が磨いてくれます。

で、転かしたり傷をつけてしまう前に
写真を撮るんですね笑

僕も散々やりました。
あっちこっちで写真撮りましたよ。

セロー250との初めての思い出です。

新鮮な風景

僕はPCXからセロー250に乗り換えました。
セロー250はPCXのように多機能なメーターは付いていません。
ガスメーターなんて気の利いたもんありません笑

それでもセロー250に跨った時の景色は全く違う。
スッキリとしたハンドル周り、幅広のハンドル、Nランプ…

バイクが違うだけで見える世界も全く違うと教えてくれたのは
僕としては紛れもなくセロー250でした(^o^)

また、初めてのMTバイクもセロー250です。
納車当日は家まで乗って帰るのも一苦労。

帰り道に「買うバイク間違えた」って何回も思いました笑
今までスクーターの単純な操作でスイスイ走れたのがウソのようだ
六甲山ではニーグリップも知らず
エンジンブレーキすら使いこなせなかったので…

  • ガードレールに衝突しそうになったり
  • ギアチェンジが下手くそでやたら衝撃が大きかったり
  • PCXにはないエンストを何度も経験したり。

でも、だからこそ「絶対乗りこなしてやる」という気になって
毎日セロー250に乗り続けていました。

その結果、一週間くらいでセロー250のオドメーターは
1,000kmを超えました笑

バイクって乗りこなすまで悪戦苦闘している期間が
一番楽しいような気がします。

もちろんある程度乗りこなせるようになって
長距離を走ることも間違いなく楽しいですが。

セロー250 どうカスタムしてやろうか

前車のPCXで「カスタム沼」という言葉を覚えたゆーき。
セロー250に乗り換えてから早速カスタムしまくりました。

  • USB電源をつけた
  • グラフィックをカラカルにした
  • 中華ハンドガードをつけた

中華ハンドガードは最近ZETA製のハンドガードに変えてしまい
処分しようか悩んでいます。

欲しい人いたら連絡下さい笑
で、結構カスタムしてきて後は…

  • ハンドルバー変えたい
  • フェンダーレスつけたい
  • 車高もっと上げたい

もうこの程度しか残っていないので
日本一周が始まるまでになんとかできればします(^o^)

でもまずは資金を貯めるのと
日本一周に必要な装備を整える事からだ!

関連記事

www.caracal250.com

www.caracal250.com

いつの時代も納車はハッピーイベント

僕はセロー250に乗り換えて満足。
他のバイクに乗り換える気なんて全くありませんが
いずれは乗り換えないといけない日が来る。

ずっと乗り続けられるだけの整備知識があれば別ですが
実際、出来るかどうかは分かりません。

納車の歓びを忘れずに
ずっと愛情を注ぎながら長く乗れたら良いな(^o^)

© 2018 caracal250.com